この投稿をInstagramで見る

hanamuguri(@toukihanamuguri)がシェアした投稿

2011年03月30日

アオイロヨロイゼミ


臨時休業中に完成していた想造昆虫をやっとの事でご紹介です。

今回も新しい試みに挑戦しました。まずヤスリがけ等の仕上げをがんばりました。

そして最近覚えた塗装のテクニックも試したりしながら。最近はプラモデルの塗料コーナーを見ているのが楽しいです。

出来たのがこちらです↓





DSCF5792.JPG





機械っぽくてなかなか気に入っています。製作中に周りからは『ツノみたいな見せ場が無くて地味』なんて言われもしましたがとんでもない。渋い格好良さがあります。










DSCF5811.JPG





顔です。おでこの3つの点々や細い触角も付けました。目は透明感のある金色です。

色を塗り終えるまでなかなかイメージが固まらなかったのですがうまくまとまりました。

以下空想の文章になります。










DSCF5830.JPG

アオイロヨロイゼミ





分布:西テジュラス区

体長:42mm〜45mm

※写真はカラエラ産♂、44ミリ個体





羽がカブトムシの様に硬く発達しており普段は鎧のように身を守っている。

雄はビィビィと大きな音で鳴く。これは共鳴室からの振動を硬い前翅にも伝え、震わせる事によって出すヨロイゼミ特有の鳴き声である。

ヨロイゼミは他にも様々な種類が存在する。










       
posted by ハナムグリ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 想造昆虫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44048475

この記事へのトラックバック