2017年01月11日

今日の作業

    
焼き物のアクセサリー。新作を量産中です。
    

    
DSC_1007.JPG
         
ピアスやイヤリングになるパーツ2種。しのぎ皿型とバラ型。

焼成前の粘土の状態です。
      



        
DSC_1000.JPG
     
こちらもピアスやイヤリングになるパーツ。大振りな楕円型の宝石がぶら下がるような形をしています。

クローバー模様の丸い部分がバラ型と同じくらいの大きさで、なかなか大振りなピアスです。

しかし着け心地にもこだわり、この時点での重さは2グラム以下に抑えています。
    



     
DSC_1019.JPG
     
そして苦戦していた、縦2センチの大きな卵型ピアス。

試行錯誤の末、形にする事が出来ました。
    



       
DSC_1036'.jpg
         
焼き物に18金を合わせる、"セラミックゴールドピュア"と名付けたシリーズ作品になります。
       



       
DSC_1041.JPG
      
こちらも重さを抑えるため、限界まで薄作りにした結果、約2グラム。

18金のピアスフックが付く完成品でも2,5グラム以下に抑える予定です。
     



      
DSC_1015.JPG
    
この繊細な卵型。コロコロと転がる度にヒヤヒヤするので、指定席を用意しました。

保温チューブを輪切りにした、自作の保護カバー。

何だか養鶏場を営んでいるような気分で、ピアスパーツにも愛着が沸いてきます。
    













       
posted by ハナムグリ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178365392

この記事へのトラックバック